Delphys Interactive

Interview05

自分の強みを活かしてマネージャーへキャリアアップ

杉浦 麻由MAYU SUGIURA

デルフィス・インタラクティブに入社したきっかけは?

前職では、水着のデザイナーをしていました。服飾系のデザイン学校を卒業した後に就職したのですが、1シーズンに20着以上デザインして展示会で披露し、反応のよかったものを実際に店頭で販売するという流れで仕事をしていました。しかし、その会社が運悪く倒産してしまい、それがきっかけで転職することに。
デルフィス・インタラクティブに決めた理由は2点あって、1点目はクルマが好きだからです。小さい頃、親と一緒に鈴鹿サーキットへ出かけていたということもあり、今でもよくモータースポーツの中継をテレビで観ています。2点目は、本当に好きなことを仕事にすると妥協できずにどこまでもこだわってしまうため、デザイン以外の仕事につきたかったからです。ビジネスである以上、利益を出す必要がありますが、好き過ぎることでそれが疎かになってしまうため、仕事として徹することのできる業界を選びました。

現在、担当している案件は?

全国のトヨタの販売店280社のWEB広告をとりまとめて配信する業務を担当しています。リスティング広告、ディスプレイ広告、リターゲティング広告、Facebook広告など、幅広く取り扱っています。
私自身はリーダーとして、20人ほどのチーム全体をマネージメントする役割を担っているのですが、キャリアップしたばかりなので、日々、マネージャー業務を勉強中です。自分にとっては当たり前のことが、他人にとっては当たり前ではなかったりするので、作業内容をどのように伝達するか、どのようにマニュアル化するかといったことについて工夫するよう心がけていますね。すべての工程をチェックしていると自分の体がいくつあっても足りなくなってしまうので、要所のみを確認して、あとはチームメンバーを信じて任せるようにしています。

デルフィス・インタラクティブに入社後、一番印象に残っている出来事(業務)は?

商品研修会の仕事で、プロドライバーが運転するクルマに同乗させてもらったことです。富士スピードウェイというサーキットで、コースのギリギリのラインをかなりのスピードで走行し、はじめてGを感じました。普段、スポーツカーに乗っているのですが、日常生活でそこまで速度を出すことはないため、「クルマってこんなに走れるのか!」と感動したことを覚えています。
なお、商品研修会とは、新しいクルマの発売に先立ち、全国の販売店スタッフを集めて開催されるインナーイベントのことです。私は、イベント自体の運営ではなく、事務局として、参加者名簿の作成や、現地までの移動手段のとりまとめ、お弁当の手配、学習テキストの発送などを担当していました。業務として現地へ行く必要はなかったものの、実際のイベント現場を体験してはじめて分かることも多かったため、トヨタ流の「現地現物」の大切さを痛感しました。

あなたが考えるデルフィス・インタラクティブ、デルフィスグループの強み・魅力は?

デルフィス・インタラクティブの強みは、各分野のスペシャリストが揃っていることだと思います。たとえば、個人情報を取り扱う事務局業務に精通した社員であれば、運用スキームの構築から、各種書類の作成まで、仕事を進めるうえで必要とされる知見・スキルを一通り修得しています。その人に尋ねれば、ほぼ正しい答えが聞けて自ずと結果がついてくるので、大変頼もしいですね。
デルフィスグループ全体でいうと、全国のトヨタの販売店の方と常に接していることが強みではないかと。販売の現場で実際にクルマを売っている方の生の声を聞くことができるので、それを企画に活かして、より効果の高い施策を実行していける体制が整っているのではないかと思います。

入社を検討されている方へのメッセージ

デルフィス・インタラクティブはそこまで規模の大きい会社ではないため、初めから業務の最前線に立ってメインで仕事を担当することができます。もちろん、メイン担当ならではの辛さはありますが、サブ担当では見えない世界を見ることができるといいますか、結果をきちんと評価してもらえるので、個人としてスキルアップしやすい環境ではないかと思います。
スキルアップして自分の強みをつくることができれば、やれることの幅を拡げていくことも可能です。たとえば、私の場合は、販売店の方を相手にする事務局業務を長く担当していたため、そこが強みとなって、WEB広告配信という新しい業務に携わることができました。具体的には、「販売店がやりたいことは何か?」「できることは何か?」「無理なことは何か?」という判断基準を有することがブキとなり、新業務に横展開することで、仕事の幅が拡がりました。

趣味、休日の過ごし方

音楽が好きで、ロックバンドのライブに月1回ぐらいのペースで出かけています。好きなバンドは、AlexandrosやBIGMAMA、indigo la End、ゲスの極み乙女。などで、ライブには友人と行くこともあれば、1人で行くこともあります。
フェスも大好きで、去年は、ROCK IN JAPAN FESTIVAL、COUNTDOWN JAPAN、百万石音楽祭-ミリオンロックフェスティバル、SAKAE SP-RING、SWEET LOVE SHOWERなどに行きました。とくに好きなフェスは山中湖で開催されるSWEET LOVE SHOWERで、会場の雰囲気などが最高です!


※インタビュー内容は2017年6月末時点のものです。

一覧へ戻る